退職記念、創立記念、結婚周年記念、受賞記念、還暦・米寿の記念など大切な人への心に残る「記念品」として「美」と「心」を伝える博多人形をお使いください。

092-531-1510 メニュー

記念品

博多人形の特徴

節目節目の行事の中で大切な人への「記念品」をお探しの方々・・・
多くの皆様が何をギフトしたらよいのかお悩みの事だと思います。
人が人として一番嬉しい時 それは、大切な人にその人を思う“ぬくもり”や“あたたかさ”を伝えそれを感じ取って頂けた時ではないでしょうか。
博多人形にはそんなやさしさや魅力があるのです。
今や、博多の域を超えて日本を代表する伝統工芸品でもある 博多人形を、あなたの大切な人への心に残る「記念品」としてお使いくださいませ。
退職記念、創立記念、結婚○○周年記念、受賞記念、還暦・米寿の記念・・・

記念品博多人形作品一覧
作品一覧はこちらをクリックしてください

ページ上部へ戻る

博多ラーメンについて

★博多ラーメンのおはなし★

1941年ないし1942年、中洲の福岡玉屋近くの博多川沿いで森堅太郎が屋台「三馬路」を開業。清湯(透き通ったスープ)の 豚骨スープに平麺のラーメンを提供しました。1946年には中華料理を学んだ井上清左衛門が中洲や柳橋で屋台「博多荘」を開業し、 清湯の豚骨ラーメンを提供。また同年には博多駅近くで津田茂が屋台「赤のれん」を開業。当初はうどん屋台だったが、 奉天(現在の瀋陽市で食した白濁豚骨スープの麺「十銭そば」をヒントにラーメンを提供するようになったそうです。 奉天で中国人が提供した「十銭そば」はアイヌ料理(オハウ)をヒントに考案されたものとされる。 福岡県久留米市で生まれた久留米ラーメン(1937年創業の屋台「南京千両」)が豚骨ラーメンの始祖であり、 これが福岡市に伝わり「博多ラーメン」になったという説もあります。

ページ上部へ戻る  

博多人形 記念品のご案内

記念品のお品として心に残る「博多人形」をお使いください。
お品もたくさん取り揃えております。ご覧頂けますと幸いです。
博多人形ならではの味わいと優美さをお楽しみください。

記念品博多人形作品一覧
作品一覧はこちらをクリックしてください

ページ上部へ戻る


ご来店をご希望のお客様へ

当ホームページをご覧頂きありがとうございます。
「人形のごとう」のショールームで直接作品に接してみたいとご希望のお客様は、 事前にご希望の作品をリクエストして頂ければ最善を尽くしてご準備いたします。
お電話(092-531-1510)まはたお問合せフォームよりご連絡頂ければ幸いでございます。 よろしくお願い申し上げます。

ページ上部へ戻る


▲ ページの先頭へ
カテゴリ別 作品紹介
ご用途別 作品紹介
サービス
その他